20190307 女王陛下のお気に入り

 

 

 眼鏡の度数を調整した。久しぶりに映画館に行った。
 ツイッターで誰かがRTしていた『女王陛下のお気に入り』を観た。よかった。地獄セックスだった。
 時代背景とかもうちょっと知っておけばもっと楽しめたかなーと思う。それを差し引いてもよかった。

 感想ですが、一回見ただけだし、記憶力が弱いので、妄想が入っている。

①画面がきれい
 まずサラの見た目が好き。だいたいサラが映っているからその時点で勝ち。眼帯があんなに似合うひといる?
 衣装もよかった。鳩を撃つシーンのサラさんかっこよすぎない?好き。また観たい。
 あ、あと主役の三人の見た目が全員わかりやすくちがってよかった。人間を見分けるのが苦手なので不安だった。男のひとはよくわからなくなった。髪型いっしょだし……。みんなあれ見分けられてるの?すごい。

②画面が汚い
 汚物がある。
 サラもアンもアビゲイルも全員ゲロ吐いていてよかった(アビゲイルが使ったゲロ壺、あれってあのお城のあらゆる部屋にあったんだろうか。それとも女王陛下の部屋だから?)。
 映像的には綺麗(?)に処理されてたけど。
 それにアンの身体が素朴に醜い。アナグマ。太った醜女。その肌に触れたい、抱きたいとは思えない。当時の価値観でもきっとそうなんじゃないの、と思う。知らんけど。でもサラやアビゲイルが美しいとされているならアンはけっして美しい身体の持ち主ではない。
 で、そういう身体に対してアビゲイルは「舌でしてくれる」。

③舌でしてくれるの
 「舌でしてくれるの」じゃないが。
 これがサラとアビゲイルの違いですよね。サラは絶対クンニとかしない。アビゲイルはする。
 アビゲイルは平気?でクンニする。怖い。初夜に無関心事務手コキするシーンがあったけど、たぶんあんな感じでクンニしてるんだと思う(もちろん演技しながら)。
 反面、サラはクンニできない。生理的に無理なんだと思う。無理なひとは無理だよねああいうの。
 クンニへの態度はウサギにもあらわれていて、サラはウサギを子ども扱いできないけど、アビゲイルは平気でアンにあわせられる(踏むが)。

④思い出話がたくさん
 ウサギを子ども扱いするのは無理。
 ばからしいからとかではなくて、サラってアンの「悲劇」を知っているから。死産した子、長く生きられなかった子をサラは知っているはずで、だから無理なんじゃないですか、と思う。
 サラとアンは長いつきあいで、アンが健康だったころも知っている。アナグマ以前のアンを、「凄まじい人」だったアンを知っている(老いの話でもある)。
 でもアビゲイルはそういうの知らないし平気でアンにあわせられる。怖い。アビゲイルの気質なら知っていてもやりそうだけど。情緒不安定なアナグマの妄想に話を合わせるくらいはしてやりそうだけど。

アビゲイル
 世が世ならハーレクインのヒロインじゃないですか。
 ばかな父のせいで没落した貴族の娘。宮殿の女中になるけれど、陰湿ないじめを受ける。しかし病に苦しむ女王陛下を見て、持ち前の優しさと薬草の知識でその痛みを癒やす。勝手な行動に鞭打ちの罰を受けるけれど、なんやかんやで取り立てられて……って、こう、世が世ならハーレクイン案件じゃない?と思った。
 ところでここのアビゲイルさんの行動がよくわからない。最初の女王陛下に薬草を塗るところ。あれってどのくらい打算なんでしょう。
 へたしたら鞭打ちだけで終わってたじゃん。彼女の善性のあらわれだったりしない?なにもわからん。

⑥鎮痛剤その他
 鎮痛剤をくれるひとを信用するの、どうしようもない。どうしようもないけど人間の性質としてしょうがないよねーという感がある。
 アビゲイルは鎮痛剤はくれるけど、アンの健康に気を遣うわけじゃない。平気で身体に悪いものを食べさせる。
 甘い言葉もその延長。治療するわけじゃない。自分に都合のいいように、アンを気持ちよくしているだけ(クンニもする)。
 で、最後にサラからの手紙を燃やしたのもそういうことで、だけどそのせいで死ぬまで足揉みクンニし続けなくちゃならなくなるのかわいそう。

⑦サラ
 サラから女王陛下への手紙。意味分からん。
 「いやな女」も「目を刺してやりたい」もアビゲイルじゃなくてアンに向けたお気持ちなんですよね。意味分からん。
 アビゲイルだったら適当に甘い言葉を書けてただろうに、不器用かよ……。
 「あなたに嘘はつかない」「それが私の愛」強い。
 後半はほとんどナメック星で「悟空、はやく来てくれ~!」って言ってるクリリンみたいに「サラ、はやく来てくれ~!」ってなってた。
 サラは誠実(適切な言葉ではない)なんですよね。アンの前でチョコレート飲むし。たぶんああいうの、あのシーン以前にもずっと繰り返してきてたんだろうなーと思う。
 でもアンがキレたのはチョコレートじゃなくて、目の前で踊ったときだった。
 その後の「走っていい?」がめっちゃ良くて。車椅子押して走るな。というのはともかくとして、サラからアンへの情愛は偽物じゃない(機嫌を取るために走るひとじゃない)。
 走ってセックスしにいくのなに?????

⑧ままならない
 アンは作中でどんどん弱っていく。 
 精神的にはもちろん、身体もどんどん動かなくなっていく(移動のシーンが良い)。
 最後、ウサギを踏むアビゲイルを見て、アンは逃げようとして失敗して、黙れとののしりながら脚を揉ませる。
 なんだこの地獄セックスは。


まとめ
→よかった。地獄だった。
→目も痛くならなかったし、明日は岬の兄弟を観る。楽しみ。

 

 

凍結されたので避難 2

 

 

kakekita.hatenadiary.jp

 

これの続きです。 

  • ゼニヤッタちゃん
  • こどらがんばって
  • ダイミョー
  • メニャーっ
  • 通るさ私が
  • どーせ化け物ですよーだ
  • ジーアルジュリ
  • ヤエと雪
  • ウズちゃんシオーネちゃん
  • ラージュ姉と妹
  • 下品
  • じゃあ私モブやります/俺嫁あるいは夢
  • プレイ日記(水着)
  • その他

 

続きを読む

凍結されたので避難 1

 

先日、ツイッターアカウントが凍結されました。

復活させるのも面倒で早々に別のアカウントを作ってしまったんですけど、その凍結されたアカウントのツイートが、自分で気に入っていたんでよね。

そういうことです。

せっかくなのでキャラクターごとに並べてみました。

その1。

 

140字超えてるのはいくつかのツイートをくっつけたやつです。

 

  • デーリッチ
  • ローズマリーさんご自愛ください
  • クラマくんがんばって
  • イリスチャンラブ
  • プリシラさんチョロイン説
  • ハピ

 

続きを読む

好きな二次創作ssメモ

 

ゼロの使い魔

ゆるゆり

③ざくざくアクターズ

涼宮ハルヒの憂鬱

 

自分用覚え書き。

すぐ忘れるので。とりあえず。

ss及びカプ名の前後の順番は適当。思い出したり見つけたりしたら増やす。 

pixivのやつは ブックマークで管理しやすいので後回し。

続きを読む

20170920


日記。


脳みそが弱く、性格の悪い人を見ると悲しくなる。

ふつう性格の悪い人は、性格が悪いなりの処世術を身につけているものだと思う。自分をよい人間に見せるなり、悪い部分を隠すなり、開き直るなり。

脳みそが弱くなってしまったせいで、そういった処世術が実行できない。そういう人もいる。自分をよい人間に見せようとする意図が、あまりにも見えてしまう。その場面場面ではよい人間らしい行動をとろうとしていることはわかる。

その人の主観的にはそれが最善手なのだろうけど(あえて最善手以外をとる人はそういないと思う)、あまりにも、わかりすぎる。わかりやすすぎる。この戦術は、自分が芯からよい人間だという表明、よい人間に見せようとしてやっているわけではないという表明を伴わなければ、成立しない。

脳みその弱さがそれを許さない。

その人も、よい人間らしい行動と、それが心の底からのものであるというメタメッセージを同時に実行しているはずだ。

でも、そんなことできるはずがない。

よい人間であろうという意図は、そう見せようという企画は、技術であり、技術は健全な脳みそじゃないと身につけることができない。実行できない。

それがわかってしまってその人を見るのは悲しい。






20170913

 

エターナってしまっていた。

 

三月、大学を卒業した。四月に就職した。まっとうな人間らしい時間がない。ある。が、足りない。

週休二日じゃぜんぜん足りないし、翌日のことを考えずにインターネットで小説を読んだりもできない。

なんだこれは。

資格を取ったら半年くらい無職をやりたい。

 

最近は二次創作ssを書いている。他に楽しい時間の使い方がない。

漫画を買って読むことも増えた。

 

いいことだ。

伊藤計劃「ハーモニー」の感想

 

伊藤計劃『ハーモニー』の感想です。

友人に『虐殺器官』の映画を見に行こうと誘われたからそれを探していたんですけど、近所の図書館で見つからなかったから代わりにこれを借りて読みました。

前評判と表紙*1

からして百合だと思っていたんですけど百合でした。

めっちゃ頭のいい女の人とそれを理解できる程度に頭のいい(優越感)女の人のやつ…いいよね…*2という気持ちになりました。

以下は百合以外の話。あ、ネタバレあります。

 

・社会的リソースとしての身体

 このお話の舞台となる未來社会は「生命主義」の原理によって支配されています。

 <大災禍>以降、人間の生命はなにより重んじられるべき価値となりました。そこではたんに生きていることだけではなく、「健康に」生きていることが求められます。それも肉体的な健康だけでなく、精神的な健康を。だから麻薬はもちろん酒も煙草も禁止され、カフェインの接種も公共の場では「マナーに反する」ものになります。人びとの健康はWatchMeという健康管理デバイスによって監視/維持されています。WatchMeは人間の病気を撲滅し、精神状態すら監視*3しています。

 なぜそうなるのか。そうする必要があるのか。それは人びとの健康と生命が「公共」のものであり「社会的リソース」だからです。

 ミァハとキアンとトァンは自分の身体が社会的なリソースとして扱われることを嫌悪して拒食による自殺を図りました。ミァハはこういいます。

〈list:item〉

 〈i:このからだは〉

 〈i:このおっぱいは〉

 〈i:このあそこは〉

 〈i:この子宮は〉

〈/list〉

 ぜんぶわたし自身のものなんだって、世界に向けて静かにどなりつけてやるのよ

(伊藤計劃『ハーモニー』p10)

 だから「健康」に攻撃するような形で、すなわち「拒食」という方法で死んでやろうと提案し、三人は実行しました。

 

 と、まあそんなことは読んだ人にはわかってるだろうし読んでない人には伝わるかわからないしあんまり書く意味がないようなことを書いてきましたけれど、ここで気になったのは「個人の身体が社会的リソースである」とはどういうことか、ということです。

 先の引用でいわれている「おっぱい」も「あそこ」も「子宮」も、全部生殖に関する場所だから、社会的リソースととしての身体とはつまり「生殖する身体」なのかと思ったけれど、ミァハの意識が発生した場所を考えるとこれはもっと個人的な理由のような気もします。

 あ、書きながら気がついた。ミァハの意識が生まれた場所(チェチェン)も生命主義による支配も、どちらも個人の身体の所有権(支配権? 適切な言葉が見つからない)が個人ではなく社会の側にあるんだ。チェチェンでは身体への暴力を介してそれがなされていて、生命主義ではより複雑にWatchMeや倫理セッションを介してなされている。

 そこまで考えると、じゃあ「個人の身体が社会的なリソースではない」社会ってあるのか? という疑問に行きつきます。つまり、身体が他者によって利用されることもなく、またある状態(だいたいの場合「健康」と呼ばれる状態)になるよう監視されることもない社会とは。自分の健康を損なうことが許容される社会とは*4

 そう考えると、実は「わたしたちは大切にされているから、身体が公共的で社会的リソースで自分だけのものでないという(p131)」ことが「嘘」であるという(感覚を持っている)社会は、かなり珍しいというか、少なくともこの何百年かにしかないかなり特殊な社会なのではないかという気もします。

 

・意識と身体

 ある程度の社会システムさえできあがっていれば意識なんてなくてもそれを維持していくことができて、しかも現在のシステムが意識ある者に(自殺するほどの)苦痛をもたらすならば、意識なんてなくてもいいじゃないというのがミァハの結論でした。たぶん。意識なんて別に神聖なものでもなんでもなくて、進化の過程で得た形質の一つにすぎないんだから、という。

 トァンの台詞に「精神は、肉体を生き延びさせるための単なる機能であり手段に過ぎないかも、って。肉体の側がより生存に適した精神を求めて、とっかえひっかえ交換できるような世界がくれば、逆に精神、こころのほうがデッドメディアになるってことにはなりませんか(p168)」というものもある。

 健康(=生存可能性)を最大化する生命主義システムにおいて、生存を目的とする肉体(=生命主義社会におけるリソースとしての身体?)にとって最大のリスクは、「意識がシステムに耐え切れず自殺すること」になる。それゆえ<ハーモ二―>は生命主義社会におけるリソースとしての身体=生存を目的とする肉体にとって最も合理的な方法といえる。

 でもこれって、実は意識本位の方法なんじゃないかという気もする。人間の生き延びにおいて意識が果たした役割を知らないのであれなんだけども。肉体の生存を最大化するシステムにおいては意識の苦痛が大きくなる。それなら意識は「耐えればいい」。そういう可能性があるにもかかわらず、(<大災禍>の教訓を無理やり引き出して)意識をなくそうというのは、やはり社会的な身体より生存を目的とした肉体より個人の意識が優先された選択だ。セカイ系だ(大セカイ系主義)。

 

 

 

 

 

 

 

*1:

https://www.amazon.coハーモニー.jp/-ハヤカワSFシリーズ-Jコレクション-伊藤-計劃/dp/415208992X

*2:最近読んだのだと野崎まど『パーフェクトフレンド』のさなかと理桜がよかった

*3:「WatchMeに警告されてしまいましたわ。対人上守るべき精神状態の閾値をオーバーしている、って」「確かに、公共の場で興奮したりすると、WatchMeはそれを計測してユーザに警告してくれますね」『ハーモニー』p187-138

*4:身体改造、タトゥーとかピアッシングの文化史と比べてみたら面白そう