読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちとあかまとめ(原作5~11巻)

ゆるゆり

ちとあかまとめ(原作1~4巻+がちゆり) - かけきた記 http://kakekita.hatenadiary.jp/entry/2016/06/12/044201

 

前回の続き。

 

5巻

該当シーンなし

 

6巻

該当シーンなし

 

7巻

intermission.6★私、乗り遅れてる!?

・京子からメールで鼻血を出す千歳の写真を送られるあかり。「大丈夫かな大丈夫かな!? 誰かティッシュ持ってるよね!?」(p86)

 

intermission8.★偶然の一日、ハプニングな毎日。

・炎天下。あかりがコンビニでアイス買ってきた帰り道、草むしりをする千歳を発見する。あかりは「暑そう…」「暑いんですから水分もちゃんと摂らなきゃだめですよぉ」といってアイス(ソフトクリーム)をさしだして一緒に食べようと提案。あかりがふたを開けたらアイスが折れてしまう(p104,105)。

・千歳はあかりにアイスをくっつけるためのアドバイスをする。あかりはそれに成功しかけたが、偶然走ってきた子どもにぶつかってアイスを落としてしまい落ち込む。千歳「ど…ドンマイやで…半分食べ?」(p113,114)

→10.5巻の花子ちゃんとのやりとりを連想。あかりは人に親切にしようとして、逆に優しくされてしまうことが多い。千歳のあかり像。

→「あついんですから~」おばあちゃんに対するセリフ。あかりの千歳像。

ティッシュ、たくあん、アイスと、ちとあかはなにかあげたりもらったりすることがが多い。

 

8巻

該当シーンなし

 

9巻

該当シーンなし

 

10巻

該当シーンなし

 

11巻 ※裏表紙がちとあか

75★オトナノカイダン

・職員室前であかりが千歳を発見。声をかけようとしたら千歳が鼻血を出す。あかりは千歳にティッシュをあげる(p62,663)。

→千歳は妄想中で、声をかけられるまであかりの存在に気づいていなかった

・二人とも人を待っているという話。「生徒会ですか? いつも大変ですねぇ」「そんなことないでー?……たまにみんなで遊んだりもするねん」。千歳がごらく部についスターゲームを持っていくという発言(p62,63)。

→千歳自身やあかりが遊ぶというより京綾のツイスターゲームを見るのが目的か。

・千歳が京綾のツイスターゲームの妄想で鼻血を出す。それを見たあかりが、どうして千歳は鼻血を出すのか疑問に思い、「先輩ってどんなときに鼻血が出るんですか?」「妄想が絶好調なときやねえ」「妄想?」「そうやねぇ…(妄想)…うーん 赤座さんにはちょっとはやいかもしれへんなぁ」「え~っ あかりも中学生なんですよぉ!(●` 3 ´●)」(p65,66)

→それを見た千歳は「仕方ないな」の表情。

・千歳が妄想の内容を説明しようとするが(あら…? 改めて言葉にしようとすると かなり恥ずかしいで…!? 全然意識してなかったけど うち いつもこんな過激なこと考えてたんか(汗))「ご ごめんな赤座さん やっぱり言えへん 忘れて?」と赤面。あかり「そんなあ」(p67)

・汗をかいて赤面する千歳を見ながら、あかり(どうして教えてくれないのかなぁ…たしかにあかりは子どもっぽいけど でもあかり大人っぽくなりたいし いろんなこと知りたいし)「先輩! あかりは子どもだけど 池田先輩のお話聞きたいですっ あかりがんばりますから」「あかり 先輩みたいに大人っぽくなりたいんです」と身をのりだす。顔を覗き込む(?)(p67,68)。

・千歳が困っているところにちなつがやってくる。千歳は「ほら赤座さん! 吉川さんやで」と話題を逸らす。(なんとか難をのがれたわ)と安心する(p69)。

・安心している千歳にちなつが「なんの話してたんですか? お顔が赤いですけど」と尋ねる。千歳がごまかすが、あかりが代わって答えて「あのねぇ 先輩に教えてほしいことがあったんだけど あかりにはまだはやいんだって」「でもでもっあかりがもう少し大人っぽくなれば 教えてもらえるってことですよねっ」(p69,70)

・千歳は「い いや特に何も…」「あ 赤座さん あのな」というがあかりにスルーされる(p69,70)。

→気づかなかっただけ?

・結衣を発見して飛びつくちなつを追いかけ、あかりもその場をはなれる。千歳は声をかけようとしたが止まらずにいってしまう(p71)。

・その後やってきた綾乃にあかりと何を話していたのか尋ねられ、「な…なんでもあらへんよ?」と赤面(p72)。

 ・おまけのところであかりが「また今度 池田先輩に聞いてみよっと♪」(p73)

 

 

つづく